前回説明した「アセンション」についてのお話ですが、その中で触れた「タイムウェーブゼロ理論」の「テレス・マッケンナ」さんをご紹介したいと思います。

 

アセンションネタに花を持たせる「タイムウェーブゼロ理論」というのを提唱したのが「テレス・マッケンナ」さんです。写真を見る限り、非常に自由なムードのファッション・センスであります。

 

 

ハイ、そもそも「タイムウェーブゼロ理論」ってなんじゃ?という感じだと思うんですけれども、

・時間は加速している
・一日の時間は今は16時間程度らしい
・2012年12月22日、時間の加速が極限に達し、時間の流れがゼロになってまう

 

という、物理学者もビックリな理論です。んで自分も「やっべー、だから時間が経つの早いんじゃん、ばあちゃんのうそつき!!」みたいな感じになっていたのだけど、Wikipediaでテレス・マッケンナさんを調べてみるとこんな事が書いてる。

 

・アメリカ合衆国の思想家。幻覚をもたらす植物と幻覚剤に関する研究で知られる。
・マリファナやマジックマッシュルーム、DMTを含むアヤワスカを摂取していた。
・マジックマッシュルームの栽培本を出版し、アメリカでのマジックマッシュルームの流通に貢献。

 

超ぶっ飛びさんです・・・。どうも「ムー」とかの読者の方とかアセンションが起きて欲しくて仕方なさそうな方のサイトの情報を見ていると「アメリカの研究者」と書かれていてその気になっていたのですが、どうも物理学などで導き出した理論では無く、中国の易経などをベースに開発した理論との事。なんだ・・・。

 

もしかしたらオカルトファンが超好都合にこの人の主張を使っている可能性が高いです。だってこの人の主張事態は「時代が新しくなるにつれ、人間の時間というものが、どんどん速くなっている。新しい文化が登場するテンポや新技術、スポーツなどの記録が新記録で塗り替えられるまでの時間、流行やファッションのサイクルなど、どんどん間隔が縮まっている」という話で、「昔の恐竜の時代は何十万年というサイクルでいくつかの変化のパターンがあったのが、今はあっという間に1年とかそれぐらいの短い時間で同じ変化のパターンが繰り返されている」というむしろ超冷静に世相を判断しているに過ぎない程度です。

 

トンデモさん扱いしてしまったのは申し訳ないかも知れませんが、ある意味超ぶっとびなトンデモさんでありました。