2012年にアセンションしちゃうのかどうか。非常に微妙なところだ。

 

アセンションつうのは要するに人類がすんげー事になって沢山苦しんで死ぬとか、成功すると生まれ変わってスーパーサイヤ人みたいになるとか、まあ諸説色々と有る訳でございます。

 

上記じゃ普通は全然わかる訳無いので、「アセンション」ってなんだか知らない人の為にちょいとアセンションを説明してみよう。

 

 

とりあえずアセンションで何が起きるといわれているか。

  1. 五次元へ上昇する。
  2. 肉体を捨てて霊みたいになる。
  3. フォトン(光子)の影響で人類のDNAが変化する。

これ読んだだけじゃー全然理解できないよね。ちょいと詳しく以下に書きます。

 

1.五次元へ上昇する、について。えーと、人間が現在認識している次元というのは四次元であり、高さ幅奥行きと時間で四次元。どーも四次元以上の現在人間が認識できていない次元を認知できるようになるというのが「アセンション」らしい。ちなみに最近物理学の世界では、CERNで衝突させた素粒子が消えてしまい、行き先は五次元なんじゃなかろうかという説があります。そのあたりから、パラレルワールドが存在しているのではないかと推測されています。なんか超ひも理論とかで検索すると詳しく知る事が出来ます。

 

2.肉体を捨てて霊みたいになる、についてですが、こいつは良くわかりません。「肉体の振動数を上げろ」って良く書いてますけど・・・、普通の人には理解できないんじゃないかと。なんかこの領域に突入するとちょいと微妙な気がします。なんか以下のフォトンベルトの影響でDNA変化がうんちゃらとなるんですけど、そうなった後は人間は霊的な存在にうんちゃらかんちゃらなんですけど、どーなんでしょうか。

 

3.フォトン(光子)の影響で人類のDNAが変化する、ですが、フォトンっていうので出来ている「フォトンベルト」っていうのが有るらしいのですが、このベルトに太陽系が突入するのが2012年らしいです。がしかしフォトンベルトに太陽系が突入したからと言ってDNAが変化するなんて事は有る訳ねえ、つうかそもそもフォトンベルトって何?それって美味しいの?ってマトモな学者は言ってるそう。ちなみにこのフォトンベルトの存在すら結構あやふやな物で、ソースの出自はUFO雑誌だとか、いやいやNASAが観測に成功してるし、とか非常に怪しい感じです。ちなみにフォトンの力をくらっちゃうと工業製品などは一切利用出来なくなるという説が有ります。これについてはまた後ほど。

 

ええ、これでも未だ非常に雲をつかむ様な話でございます。そもそもなんで2012年に人類が滅亡するとか進化するとかオカルトの世界で散々騒がれているか、その理由は以下の様な感じじゃねえかなと思います。

 

  1. フォトンベルトに太陽系が突入しちゃう
  2. マヤ暦が終わっちゃう
  3. タイムウェーブゼロ理論で2012年12月22日に時間が止まっちゃう
  4. 出口王仁三郎の予言がアセンションっぽい内容
  5. 日月神示の内容も超アセンションだし
  6. バシャールっていう宇宙人がそんな事言ってるし

 

ああ、またチンプンカンプンなのが色々とありますね。もしかしたらざっと上げた上記以外にも色々と有るかもしれません。

 

 1.フォトンベルトに太陽系が突入しちゃう、この説については先ほど既に説明済みなので割愛。

 

 

2.マヤ暦がおわっちゃう、これについてはいろんなところで騒がれておりますね。しかしマヤの長老は別に暦が終わっただけでなんもねえよ、って明言していますので、ややこじつけが過ぎたのかも知れませんし、やばすぎて世界中混乱しちゃうからさらっとなんもねえつってんのかもわかんねえ感じです。

 

3.タイムウェーブゼロ理論で2012年12月22日に時間が止まっちゃう、えーと、これはテレス・マッケンナさんというアメリカの研究者の方が「時間が進むのがどんどん早くなっている」という説を唱えておりまして、それをまたもアセンションにくっつけてみた感じの話です。タイムウェーブゼロ理論では2012年12月22日に時間が止まる、というトンデモな説を打ち立てておりまして、まあただソースを確認すると、時間というよりは進化や流行の動きのスピードについて説明している話の様な気がしました。ちなみに研究者となっておりますが、この方はマジック・マッシュルーム栽培のカリスマで、多分ヒッピーの方だと思いますし、タイム・ウェーブ・ゼロ理論は易経をベースに研究した結果らしいので、多分これはアセンションとは関係ない様な気がしています。

 

4.出口王仁三郎の予言がアセンションっぽい内容、ええと、まずは出口王仁三郎さんの説明が必要なんですけど、この人は「大本」という宗教組織のトップの人です。戦時中にバキバキ予言を的中させまくっている方なんですが、この方が亡くなる前に未来の予言を残しているのです。その中で「立替え立直し」っていわれてる 予言の内容がとんでも無くアセンションな感じなので、暦だのなんだのをひっぱってっきては2012年前後に何か有るぜ、という説が流行している感じです。

 

5.日月神示の内容も超アセンションだし、えーとこの「日月神示」って奴も予言なんですけど、岡本天明って人が「国常立尊」ていう神様か霊みたいなのとチャネリングして、自動書記で書いた奴らしいです。内容としては、「半霊半物質」とかそういう話があって、人間が半分霊で半分肉体になるっていってます。これは世で言われているアセンションに相当似ています。日本が無茶苦茶になって、人々が苦しみもがきながら沢山死んで残りがアセンションするという結構いやーな感じの話です。けどまあチャネリング、なんて科学的根拠ないですからね。どーでしょーかね。

 

6.バシャールっていう宇宙人がそんな事言ってるし、バシャールっていう宇宙人がいて、それにチャネリングしてる人がいるんですけど、ダリル・アンカさんというアメリカの人がこのバシャールっていう宇宙人とチャネリングしておりまして、やはりバシャールはアセンションするって言ってるらしいです。ちなみにバシャールとチャネリングできるのはダリル・アンカさんだけではないらしく、修行すれば我々もそういうのとお話できるようになるそう。まあでもチャネリングですよ、チャネリング。科学的に証明しようが有りませんし。

 

ええ、ひとまずアセンションしちゃいそうな理由をいくつか挙げました。こう見るとしそうでしなさそうですよ、アセンション。

 

ちなみにフォトンベルトに太陽系が地球に突入すると電子機器が駄目になるという説がありますが、どうもそういった噂を流布しつつ、アメリカが電磁波装置みたいなので機械どもをぶっ壊しまくり、借金を帳消しにしようともくろんでいるという説も有ります。また、終末論を流行させまくって、実際にその通りにしちゃおうと企んでいる悪い奴らも沢山いるらしい、という話(妄想?)も有りますので、取りあえず機会があればまたなんかその辺りを書いてみようかな、と思っております。

 

自分でざっとまとめてみて思ったのですが、やっぱアセンションしねえわ、人類。