放射能で汚染された瓦礫を各地域で受け入れようという話が起こると、確実に住んでいる人々はそんなんありえねーつって反対するのだけど、そういった諸々について自分はずっと疑問に感じている事が有る。

 

取りあえず瓦礫の受け入れで地域が金がもらえる事は解ったし、そういった理由で受け入れを検討する地域も有る事はわかったのだけど、わからんのは瓦礫を受け入れる事で被災地はどうなるのか、という事だ。

 

被災地は他の地域に瓦礫を受け入れてもらえないと困るんじゃないだろうか。じゃないと他の地域で瓦礫を受け入れる必要なんて無いのだから。ただ無駄の多い国なので意味無い事しちゃってくれてるのかもしれないんだけど。

 

瓦礫受け入れに反対するスタンスの人々が多くて、そりゃ誰だって放射能に汚染された瓦礫なんて受け入れたくないのは解る。特に子供の居る人なんて凄くそう思うだろう。しかしもし被災地の復興に瓦礫を受け入れてくれる地域がどうしても必要という事であれば、我々は安全で健やかな暮らしをするために被災地の人々を生贄にしようとしているのかもしれないじゃん。

 

要するにリスクを負わせて発電してもらい、問題が起きたら被りたくない、という心理なんじゃないだろうかと思う。私の住む北海道は福島原発から電気を供給されていないハズなので、とりあえず瓦礫受け入れには微妙な気持ちが無いわけでは無いけど、じゃあ東京に、東京都は福島原発から電気を供給されていたから、なんて押し付け合いもあんまり意味が無い気がするんだけど。

 

結局募金はする、物資も送るから迷惑はかけないでね福島、つってるようなもんなんじゃないかと思ってるんだけど、そこん所瓦礫受け入れについて詳しい人は是非教えて欲しい。なんかぐぐってもイマイチ良くわからん。

 

なんとなく妄想なんだけど、汚染基準を引き上げていっそ汚染されている地域から完全に人々を脱出させてしまうのはどうだろうか。故郷というのは大切で自分も地元を愛しているからそれがとても悲しい事なのは解るが、今後一時産業が復興できるかと言うとそれも非常に微妙だし、復興にかかるお金の事を考えると被災地の人々に他の場所で活躍して頂くというのも方法な気がする。

 

北海道にはガラ空きの農地なんかも沢山有るし、日本の食糧自給率の低さを思うとそういった思い切った事をしても良いのではないかと思うんだけど。アメリカがごり押してくるTPPも受け入れる必要が無くなると思うし。実際家をどうするのか、とか職業選択の自由とか色々と有ると思うんだけれども、こんな状況になってしまったので色々とベストな方法を考えるのが正しいと思う。

 

とりあえず皆豊かなのが良いけど、豊かさの為に誰かを下敷きにして良い、という考えはもう辞めた方がいいと思ってる。なので瓦礫なのかなんなのかは解らないけど、被災地外に住む我々も何か瓦礫以外の物でもなんでも受け入れが必要なんじゃないかと思うわ。