えー、テリー伊藤の著書なのだけど非常に面白かった。タイトルからすると落合元監督がなんで嫌われているか、という事が書かれていそうだが、実際内容は落合賞賛の嵐。「今の日本に必要なのは落合力」なんて言っちゃってる。

 

確かに非常にミステリアスで、仏頂面の為落合監督に良いイメージを持っている人は少ないと思う。信子夫人やフクシ君のキャラクターのアクの強さも有るし益々。

 

実はこの本の前に落合監督の息子のフクシ君の「フクシ伝説」を読んでおり、中に「野球をやめて放浪し、一時ホームレスになった」という仰天エピソードが有り落合監督が気になっていて仕方無かった。実際本書を読んでもその野球キャリアは恵まれているとは思えない内容だし、そういった事も有りながら偉大な結果を出し続ける落合氏に共感。

 

読んでしまうと本当に落合の偉大さを理解できるし、本当に落合力は日本に必要な気にもなってくる。意外と野球ファンでも読めてしまう面白さが有るし、野球好きなら読むと落合好きになってしまう様な気がする。事実自分は落合が好きになりました。