なんとなくネットを徘徊していたら面白いのを発見しました。その名も「断言法」。これは自分の願いを断言した感じで一日15回ノートに書くなりワープロで打てばいい、要するに見えるように書く事が大事だという話のようであります。

 

以下、テンプレというかネット上のソースを引用。

 

1.視覚化できる特定の目標を定める。

 

2.1日1回、それを次の形式で15回続けて書き留める。
私、○○は、何々を得る/する/果たす。
例)私、スコット・アダムスは、全国区な漫画家となる。
I Scott Adams will become a syndicated cartoonist.

 

〔やり方の補足〕
・一応、1日15回とあるが、書くのは何回でもいい。
・複数の目標を設定してもよい。
・数日間書くのをやめてまた書き始めても大丈夫。
・手書きの代わりにタイプライターを使ってもよい。
・書いたものを取っておいても投げ捨ててもよい。
(以上のようなことが問題になるほどこの方法が脆いものだとは思わないとスコット談)
・「有名なミュージシャンになりたい」ではなく、「有名なミュージシャンになる」と書く。
・お金がほしいのなら、「宝くじが当たる」などと可能性を限定しない方が良い。
・特定の期日があること、例えば「今月末までに昇進する」といった断言をしないこと。
目標の達成にはさまざまな道があるので、少し幅を持たせておいた方が良い。
・過去スレでは自分以外を主語にした文章でも叶ったとの報告あり
・うまくいかないと結論づけるまでどれくらいの期間断言法を行えばいいのかについては分からない。
(六ヶ月以内ではあまり望みはないだろう。)
・半信半疑でも構わない。

 

〔注意事項〕
・なかなか叶わなくても弱気にならず、粛々と書き続ける。
・スコットが試みた断言法がすべて成功したわけではない。

 

〔断言法の効果について〕
・断言法とは、単に一日15回目標(ゴール)を書くことで、
あたかも魔法のように偶然が重なり、限りなく低い実現性にもかかわらずその目標が達成されるというもの。
・スコットは、断言法を用いてとても実現しないと思われるような目標を驚くべき方法で達成してきた。
・断言法を行うと、いくつかの普通の出来事が重なり、一見普通ではない結果を生み出す。
・断言法を行うと、幸運な偶然が起こる。
・「猿の手」効果に関しては聞いたことがない。
・スコットが断言法を知ることになった元ネタの本(タイトル・著者は失念したらしい)には、
「努力では実現できない目標を選べ」とあるらしい。
「そうじゃないと、この方法のおかげかどうかわからないからね」、と。

 

上記のほうほうを試すだけで願い事がかなうらしい。常識のある方であればそんなアホな!!となる事必須ですが、まあ一日15回書くだけって別に難しくともなんともないので、とりあえず今日からはじめてみます。

 

どういう解釈かというと、行動が結果に及ぼす影響についてなのですが、ただ書くだけで本当にその事が現実になるかどうかです。どうも断言法について調べていると「深層心理に影響して精神的な変化があって行動が変化した結果願いが叶う」のではなく、「棚から牡丹餅的に外的要因で上手く事が運ぶ」事もあるそう。

 

そういった事を科学的根拠について凄く気になったので、これまたネット上をふらふらしていたところ面白いのを発見しました。

 

 

量子の動きを観察していたところ、改めて観測しようとしたら結果が変わってしまったという話です。全然解らんかもしれませんので、とりあえず動画見た方がいいです。

 

シュレディンガーの猫、という奴らしいのですが、最初の奴の法が解りやすい気がします。科学的に解明可能なはずである「量子の動き」も「観測する」という人間の行為の影響を受けて結果が変わってしまう、という事はなんらかの行為によって一見関連の無さそうな出来事に影響を与える可能性は非常に大きい事かと思います。「観測する→結果が変わる」と「願いを書く→結果が変わる」、もしかしたらそんな感じでなんらかの影響が有るのかもしれません。半信半疑ですけど。

 

なんとなくですが、上記の様な科学的な解釈も踏まえると「願えば適う」というのは意外とありがちな事なのかもしれません。それに不思議な事ですが、自己啓発系の本を読むと中々の割合で「イメージした通りになる」もしくは「イメージの力も非常に重要」と書かれています。

 

しかしそういった事を邪魔する要素というのが有って、人間は思うように事が進むと不安になったりする事もあるようで、願いがかなう正当な動機付けを自身の中に持っていないといけないそうです。

 

成功したり幸福になったりする「ポジティブな変化」というのは、マイナス要素の有る「ネガティブな変化」よりも怖い事だと感じてしまうそうです。

 

そういえば最近物理学の世界でパラレルワールドの存在が発覚しているらしいです。リサ・ランドールさんという物理学者の方の研究で衝突させた素粒子がどこかに消えてしまい、行き先は5次元だと推測されているらしいです。

 

 

 

またなんとなく推測しますが、もしかしたらパラレルワールドが有って自分が望んだ世界を自分で選択可能なんではないだろうか、とふと思っちゃいます。

 

とりあえず科学では全然まだまだ証明できていない事が多いようですので、意外とオカルティックな事も未来には科学的に証明できているかもしれませんね。