test

Book Review : アナーキスト人類学のための断章 / デヴィッド・グレーバー

札幌駅付近の紀伊国屋でふらふらとしていたところ、なんだかむしょうに小難しい本を読みたくなり、そういった難しそうなコーナーに行ってみたところ、なんかの雑誌でレビューされておりちょっと気になっていた本書を発見。「アナーキスト    -continued


Book Review : 写真よさようなら / 森山 大道

森山大道は自分が最もかっこいいと思う写真家の一人だ。一番好き。この「写真よさようなら」は有る意味タイトル通りの内容なんだけど、とにかく粒子がジャリジャリいっていて、荒れていて、ボケている写真の数々。   被写体    -continued


Book review : なぜ日本人は落合博満が嫌いか?

えー、テリー伊藤の著書なのだけど非常に面白かった。タイトルからすると落合元監督がなんで嫌われているか、という事が書かれていそうだが、実際内容は落合賞賛の嵐。「今の日本に必要なのは落合力」なんて言っちゃってる。 &nbsp    -continued


Book review : マイルス・デイヴィス自叙伝

自分が人生で読んだ本の中で最も面白かった本は「マイルス・デイビス自叙伝」だ。間違いねえ。色々と小説も読んだけど、やっぱり「事実は小説より奇なり」でございます。世紀の大天才のトンデモエピソードのオンパレード。なんつったって    -continued